「起業したい」人はだいたい2つに分類される

 

こんばんは、奥秋です。
久しぶりのブログです(汗)

わたくし、10月から新しい活動を始めます。
さわりだけご紹介すると、私の本業であるプレゼンコンサルティング(思考の言語化・可視化)を
起業を目指す方、起業したての方に向けて支援するルートが一気に加速する。というかんじです。

ワクワクが止まりません*(^o^)/*

起業を目指す方、起業したての方。
これまでも数々ご相談に乗ってきています。

 


「起業したい」、その言葉の裏にあるもの

 

「起業したい」。
そうお話される方には大きく2つのパターンがあります。

  1. ビジネスとして展開したい、信じているもの、志がある。今の会社ではできないから起業したい
  2. 今の会社を辞めたい。上司や組織に使われたくないから起業したい

「やりたいことはぼんやりある。相談に乗ってほしい。
起業したい。
会社まだ辞めてないけどもうすぐ辞めます。」

・・・・・こういう方は、実は80%が2つ目のパターンだったりするんです。
かくいう私も、最初は後者だったわけですが(笑)

そこで、まず私がいつも聴くこと。
「どうして会社を辞めたいんですか」

すると、出るわ出るわ、現職の不満・・・!

そこからいろいろ課題を掘り下げていくと、
心から起業したいわけではなく
単に今の状況から抜け出す手段として考えている
、ということが非常に多いんです。

でも、そんな方によくよく伺ってみると、実は結構会社好きだったりして。

「自分が抜けたら、周りは大変になると思うんですよね・・・」
「本当は後ろ髪をひかれる気持ちなんです・・・」
「○○さんは許せないけど、他の人たちはみんないい人ばかりで・・・」

そして、

「会社を辞めない、という選択肢」を考え始める。
これすごく多いパターンです。

 


プレゼンカウンセラーという仕事

 

プレゼンカウンセラーとは、
「プレゼン資料のスペシャリスト」と「カウンセラー」「コンサルタント」「コーチング」等の私の強みから
組み合わせて作成した造語なのですが、

想いや強み、志を最大に引き出して、きちんと発信できるように、
人生の岐路で、正しい判断ができるように支援する。

「起業したい」
それがどれくらい本当の気持ちなのか、本人の心の声を聴く。

「起業することを決めている。何をすればいいのかよくわからない」
何をすればいいか、一緒に探っていく。

「○○で起業した。うまく相手に自分の強みを伝えられない」
強みは自分ではなかなか見つけられない。客観性と市場価値の高い、あなただけの強みを発掘して
あなただけの営業用プレゼン資料に落とし込む。

そんな仕事が大好きです。

10月から、さらに強化できるのが楽しみです!!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です