3分間プレゼンってどうしたらいいの?

 

3分間でプレゼンをするというシーンに遭遇するときの話です。
どうしたらいいの???という方向けに。よろしければ参考にしてみてください。

アプリケーション

プレゼンをするときによく使われるアプリケーションは以下になります。
Windowsの場合:PowerPoint powerpoint
Macの場合:Keynote keynote (あるいはPowerPoint)

でも、上記にこだわる必要はありません。
WordでA4横にしてもよいし、PDFでも、写真をただ連続表示する形でも十分です。

 

Macユーザーのかた

一般的に、会場に用意されているノートPCはWindowsであることが多いです。
MacのPowerPointでプレゼン資料を作られる場合 あるいは Keynoteで作成してPowerPointに変換する場合など、WindowsPCで表示すると、文字の改行位置がずれてしまう可能性があります。
心配なかたは、ご自身のMacのノートPCを持ち込みされることをお勧めします。その際には、接続アダプタの確認を忘れずに。

stocksnap_2ci87djpdz

せっかく作ったのに繋げられないなんて悲しすぎる

 

スライドって何枚くらいが一般的なんですかね?

これ正直、人それぞれです。1枚で語りきる方もいれば、私は20枚くらい作ってしまうかもしれません。

私のスライド構成時のおすすめは「Post It」を活用するやりかたです。
話したいこと1案を1枚の付箋に書く。それを繰り返すと、例えば5枚付箋ができます。さらに表紙付箋(肩書と名前)を1枚用意して、付箋の順番を並べ替える。
そうすると6枚の付箋で、話す順番が決まりますね。この段階で、時間内に収まりそうか、計測しながら練習してみてください。

  • 話はスムーズに流れていましたか ・・・ 流れがおかしいなという場合は付箋を入れ替えてみましょう
  • 時間内に収まりましたか・・・時間をオーバーした場合は、どれか付箋を1枚捨ててみましょう
  • 話してみて、ワクワクしましたか・・・いまいちな場合は、ワクワク感を追加してみましょう

それを繰り返して、付箋でプレゼンの流れを作ります。

流れができたら、そこで初めて資料作成に取り掛かりましょう。1付箋1ページのスライドを作ればOKです。

post-it-notes-1284667_1280

3分ならこんなにいらないですよ笑

 

何を資料に入れればいいの?

写真がある方は絶対に写真を!
プレゼン資料は、しゃべりを具体的に「イメージ」「想起」させるためのものです。
文字はすくなく、ビジュアルメインで!(断言)

 

5102508

お仕事風景などはイメージしやすいですね。例えばカウンセラーさんだったらこんな写真とか。

 

3分間

想像以上に早いです。2分40秒くらいで終わるような練習をしておかれるとよいかと思います。
投影資料を実際に操作しながら、少なくとも、時間を測りながら3回は練習しましょうね!

 

是非、楽しみながらプレゼンしてみてくださいね!

 

 

—————–

関わる全ての人が幸せになるプレゼンを。

目的重視のプレゼンシナリオ設計・PowerPoint資料作成代行
プレゼン資料作成・ロジカルコミュニケーションなど企業向け研修など受け付けております
http://www.presenstation.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です